よりすすんだ内容 ― 内部の構成

 unbrickの内部は、Raspberry Pi Compute Module 3 Lite (CM3L) を中心に、合計8枚の基板でつくられています。

unbrickの内部

1. マザーボード

マザーボード

 unbrickの上部中央にある基板がマザーボードです。

 マザーボード上のマイコンは、液晶バックライトのあかるさを調整したり、タッチスクリーンの値をよみこんだりしています。また、unbrick内部の周辺機器をI2Cでつないでいます。unbrick内部では、つぎの周辺機器がI2Cにつながっています。

 マザーボードには、CM3Lをさしこむソケットがあります。CM3Lからは、

などでつかう信号線がマザーボード上にひきだされています。CM3Lとマイコンは、UARTでつながっています。

 マザーボードの右がわには、CM3Lから、GPIOの信号線などがひきだされています。

 マザーボードの左がわには、5V, 3.3V, 1.8Vの電圧をうけとるための端子などがあります。

2. CM3L

 CM3Lは、さまざまな製品にくみこめるように設計されたちいさなRaspberry Pi 3です。BCM2837プロセッサと1ギガバイトのメインメモリがのっています。このBCM2837プロセッサがRaspberry Pi 3の心臓部になります。

3. 電源ボード

unbrick

 マザーボードの左がわの基板は、電源ボードです。5Vの入力電圧から3.3Vや1.8Vの電圧をつくって、マザーボードに電気をおくります。

 乾電池でうごかしているときは、入力電圧は6V以上になります。電源ボードは、乾電池からの電圧をいちど、となりのDC/DCボードおくって、5Vの電圧をうけとります。

 ACアダプターと乾電池、両方がつながっているときは、ACアダプターから5Vをとるような回路がはいっています。

 電源ボードには電源管理用のマイコンがのっています。このマイコンは、つぎのようなさまざまな処理をしています。

電源管理用のマイコンは、マザーボード上のマイコンとI2Cでつながっています。

4. DC/DCボード

 マザーボードの下がわの基板は、DC/DCボードです。乾電池からつくられた6Vをこえる電圧を5Vにおとして、電源ボードにおくりかえします。

5. サウンドボード

 マザーボードの右がわの基板は、サウンドボードです。CM3Lは、I2S端子からデジタルオーディオ信号を出力できます。その信号をDACとアンプを経由して、じっさいの音にかえます。

6. RTCボード

unbrick

 電源ボードのうえにある基板は、RTCボードです。ちいさなICのなかに時計がはいっています。電源ボードにはボタン電池ものっています。外部の電源がつかえないときも、この電池をつかって時計だけはうごかします。時計のICは、マザーボード上のマイコンとI2Cでつながっています。

 ステータスLED、電源ボタン、リセットボタンも、この基板上にのっています。

7. ボタンパッドボード

 サウンドボードのうえにある基板は、ボタンパッドボードです。GPIO端子に4つボタンをつなげています。これをマウスボタンのかわりにつかえるようにしているのは、デバイスドライバー(eub_mouse)のやくわりです。

8. バッテリーボード

 いちばん下がわのおおきな基板は、バッテリーボードです。乾電池6本を直列につないで、電源ボードに電気をおくります。