English ▶

エスリル ニューキーボード − NISSE

エスリル ニューキーボード − NISSEについて

コンパクトなエルゴノミック キーボード
アルミニウム製の筐体は、長時間の作業でも疲れにくいように、机の上やアームレストに前腕を置いたまま作業しやすいようにデザインされています。またキースイッチは、小さめの手でもタッチタイピングしやすいように配置されています。
Bluetooth®無線技術対応タイプ (オプション)
標準のUSB接続タイプに加えて、オプションでUSBとBluetooth無線技術の両方に対応したタイプを選択できます。タブレットやスマートフォン等にワイヤレスでNISSEを接続して利用できるようになります。
手の大きさに合わせてMサイズとLサイズの2種類を用意
手の大きさは人によってかなり違いがあります。標準的なキーピッチ18.8mmのLサイズに加えて、より小さな手の人のためにキーピッチ17.5mmのMサイズの2種類を用意しています。
Mサイズ(手前)とLサイズ(奥) Mサイズ(手前)とLサイズ(奥)
さまざまなキー配列に対応
親指シフトやTRONカナなど計8種類のキー配列にキーボード本体側で対応しています。NISSEを接続するだけで、特別なソフトウェアをインストールすることなく今お使いのOSやIMEでお好みのキー配列を使うことができます。
ファームウェアのフル カスタマイズにも対応
キーボード本体のファームウェアの完全なソースコードをGitHubから公開しています。お好みに合わせてファームウェアのソースコードを書き換えて利用することもできます。
ポインティング デバイス内蔵タイプ(オプション)
オプションでポインティング デバイス内蔵タイプも選択できます。マウス ポインタやマウス ボタンの処理もNISSEから行えるようになります。

キー配置

QWERTY(US)仕様のNISSEのキー配置 QWERTY(US)仕様のNISSEのキー配置

カーソル キーなど、いくつかの標準的なキーについては物理的なキーが省略されています。省略されているキーは、FNキーとその他のキーを同時に押すことで、ホーム ポジションから手を動かさずに入力することができます。

FNキーの使い方(一例)
操作するキー入力されるキー
FN+I
FN+J
FN+K
FN+L
FN+EPAGE UP
FN+DPAGE DOWN
FN+CAPS LOCKDELETE
詳しくは『FNキーの使い方』のページを参照してください。

SHIFTキーやCTRLキーの位置などはキーボード本体側の設定で入れ換えることができます。詳しくは『修飾キーのレイアウト』のページを参照してください。(商品にはSHIFTキーやCTRLキーの交換用のキーキャップが含まれています。)

ペーパー クラフト

NISSEがどんなキーボードか実際に確かめてみてください。下のPNGファイルを100 dpiで印刷して組み立てると、ちょうど実際の大きさになります。
ペーパー クラフト キーピッチ18.8mm仕様のペーパー クラフト (100dpi)

ペーパー クラフト キーピッチ17.5mm仕様のペーパー クラフト (100dpi)

仕様

参考: Bluetooth無線技術対応タイプのNISSEの仕様は、Bluetooth無線技術対応タイプのページで説明しています。

外形寸法336mm × 177.5mm × 57.4mm
本体質量757g
インターフェイスUSB フルスピード(タイプBソケット)
 104〜109キーUSBキーボードと互換性があります。
キースイッチ76キー (2つのFNキーを含みます。)
 スイッチの種類は、Cherry MX(赤・茶・青・黒)もしくはGATERON(白・茶)から選択できます。
キーピッチ18.8mm (Lサイズ)
17.5mm (Mサイズ)
キー配列
  • 日本語
    • Nicola(親指シフト)
    • TRONかな
    • M-type
    • Stickney Next (JIS配列改良版)
    • JIS X6004 (新JIS配列)
  • 英語
    • QWERTY
    • Dvorak
    • Colemak
対応オペレーティング システム
  • Microsoft Windows
  • Linux (Fedora等)
  • Mac OS X
詳細については、『よくあるご質問について(FAQ)』のページもあわせてご参照ください。