English ▶

エスリル ニューキーボード − NISSE

よくあるご質問に関して(FAQ)

エスリル ニューキーボード − NISSEに関してよく受けるご質問への回答をまとめてあります。こちらにないご質問については、NISSEの公式Facebookページご購入希望フォームの備考欄などからお問い合わせください。


購入前のご質問

Q. 実際に見たり触ったりできる場所はありますか?

NISSEはご注文を受けてから1台ずつ生産しています。そのため展示等は行っておりません。実際の大きさについてペーパークラフトなどでお確かめください。

Q. どうして変な形をしているのですか?

NISSEのような人間の手や腕の位置に配慮したキーボードは「エルゴノミック キーボード」と呼ばれていて、手や腕への負担を減らす効果があると言われています。

ただしキーボードだけで手や腕への負担をすべて改善できるわけではありません。長時間タイピングされるときは、

  1. 机や椅子を調整して、楽な姿勢でタイピングする、
  2. 机上のキーボード手前に確保したスペースやアームレストに、手首や肘などに局所的に力がかかり過ぎないように前腕全体を置いて打鍵する、
  3. 少くとも1時間に5分は休憩をはさむ、
といったことに注意されると、体への負担を減らすことができるとされています(人間工学 ▶)。NISSEは、前腕全体を机上面に置いたままの状態でも作業がしやすいような形状にデザインされています。

またNISSEの放射状のキー配置は、キーボードを見ずにタッチタイピングをしやすいようにオリジナルのTRONキーボードの指の動く範囲の測定データに基づいてデザインされています(右図: キーピッチ17.5mm仕様)。

Q. パームレストは不要ですか?

NISSEは、日本人の標準的な手の大きさであれば、前腕全体を机上面に置いたままの状態でも上段の数字キーまで指が届くような形状になっています。また、NISSEには左右方向にもキーボードに傾斜が付いているので、普通のキーボードほど前腕を内転させる必要がありません。そのためパームレストがなくても、前腕から親指までほとんど直線的な姿勢で打鍵することができます。実際の大きさについてはペーパークラフトなどでお確かめください。

ただし手の大きさには個人差がありますので、指が届きにくい時には無理をなさらず、アームレストを用意したり、キーボード手前に厚みのあるものを置いて、手がより鍵盤に近くなるようにしてタイピングするようにしてください。よくデザインされた机と椅子のセットで作業されている場合は、机上面ではなく椅子のアームレストを使って前腕を支持することも試してみてください。

Q. スイッチはどれを選べばよいですか?

Cherry MXスイッチは、スイッチを一番底まで押し込まなくても接点が反応するようになっています。逆に底まで押し込んでしまうと、無駄な力が指にかかってしまう結果になります。

茶軸は、スイッチの接点が繋がったことが指の感触でわかるようになっていて、必要以上の力でキーを押してしまうことを防ぎやすくなっています。(この指で触っただけで感じられることを「タクタイル」と言っています。)

青軸は、茶軸のタクタイルという特性に加えて、カチャカチャと音でもスイッチが入ったことがわかるようになっています。映画やTVドラマの中でキーボードが叩かれている時の効果音が本当にでてくるキーボードといった感じになります。ただ静かなオフィスでは青軸は他の方に迷惑になることがあるかもしれません。

赤軸は、押した感触がバネのようになっていて(これを「リニア」と言っています)、どこでスイッチが入ったのか分かりにくいところがあります。そのためキータッチが軽いこともあってキーを底まで打ち込んでしまいがちです。慣れてくると底打ちせずにタイピングできるようになるので、軽いキータッチと静かな打鍵音から赤軸を好まれる方もいらっしゃいます。

黒軸は、赤軸のバネを強くしたものです。特にタイピングのとても速い方などは指をバネが跳ね返してくる力が強い黒軸を好まれる方もいらっしゃるようです。

大型電気店などではMXスイッチを採用したキーボード(1万円前後のキーボードに多いです)が店頭に並べられていることもありますので、できれば実際にさわって確かめてみてください。

GATERON スイッチについて: GATERON ▶のMX互換スイッチは、そのスムーズな打鍵感から最近注目されてきています。特にGATERON白軸は作動力が35gとMX赤軸の46gよりもさらに軽くなっている点が特徴的です。メーカー公称値 ▶の動作寿命はMX赤軸と同じ5,000万回とされています。(GATERON スイッチは、Cherryの製品ではありません。)

NISSEでは、MX茶軸とGATERON白軸の人気が高くなっています。富士通製の親指シフトキーボードに慣れている方には、感触の近いGATERON白軸が好まれているようです。

Q. キーキャップの刻印はどれを選べばよいですか?

お使いになられているOSのキーボードの設定が日本語(JIS)の場合は「QWERTY(JIS・かな刻印なし)」を、英語(ANSI/米国)の場合は「QWERTY(US・かな刻印なし)」を選択してください。JISとANSIでは記号の位置が異なっています。

NISSEでは、ほとんどの方は「QWERTY(US・かな刻印なし)」を選択されています。英語キーボードは日本国内ではあまり販売されていませんが、 記号キーを多用するプログラマーの方などには人気があります。

また、ご購入時に選択されたキーキャップの刻印以外のキー配列にNISSE本体を設定して利用することもできます。親指シフトやTRONかな配列など、NISSEのファームウェアで対応している配列については、キーキャップの刻印とは無関係に、ご購入後もいつでもNISSE本体の設定を変更して利用できます。

ご注意: 日本語キーボード(JIS)と英語キーボード(ANSI/米国)の切り替えは、お使いになられているOS側の設定になります。NISSEには日本語キーボードを使う設定になっているOS上で英語キーボードをエミュレートする機能はありません。英語キーボードと日本語キーボードの切り替えを簡単にできないバージョンのOSもありますので、特に必要がなければ現在お使いのOSの設定に合わせて、キーキャップの刻印を選択してください。

Q. かな刻印ありのキーキャップも選べますか?

ファームウェアで対応している配列の組み合わせについては、対応したキーキャップをご用意することができます。ご要望がございましたらご購入希望フォームの備考欄よりお問い合わせください。

これまで下記のようなタイプの出荷実績があります。

  • Nicola F型 (親指シフト) (カラー刻印)
  • Nicola J型 (親指シフト) (カラー刻印)
  • TRONかな (カラー刻印) + QWERTY(US)
  • TRONかな (カラー刻印) + Dvorak(US)
  • 新JISかな + Dvorak(US)

ご注意: かな刻印ありの商品のお届けには通常品よりもさらに1〜2週間長くかかる場合がございます。

Q. 無刻印のキーキャップも選べますか?

無刻印のキーキャップもご用意できます。ご購入希望フォームの備考欄に無刻印希望と指定してください。

Q. 他社製のキーキャップは使用可能ですか?

ご注意: 他社製のキーキャップのご使用に関してはエスリルではサポートは行っておりません。

キーピッチ 18.8mmのLサイズのNISSEは、OEMプロファイル ▶と呼ばれているCherry MXスイッチ用のキーキャップを使用しています。MXスイッチ用のOEMプロファイルのキーキャップであれば、NISSEにも適合するものが多いようです。NISSEでは、1x1のタイプと1x1.25のタイプを利用しています。

キーピッチ 17.5mmのMサイズのNISSEは、NISSE専用のキーキャップを使用しています。他社製のキーキャップは、寸法の違いからほとんどの場合NISSEではご使用になれません。

Q. ドライバーやエミュレーターなしで親指シフト入力やTRONかな入力が使えるのですか?

はい、他のソフトウェアをインストールすることなく、NISSEだけで親指シフトやTRONかなでの入力が可能です。パソコン本体から見ると、通常のキーボードがつながっていてローマ字入力しているように見えています。

NISSEでは、キーボード内部で親指シフト入力やTRONかな入力をローマ字に変換するモードと、変換せずに直接入力するモードの2つのモードがあります。このキーボード内部のモードとパソコン本体のIMEのon/offが連動するようにIMEを設定するとより使いやすくなります。設定手順はそれほど難しいものではありません(Mac OS XではIMEの設定は不要です)。

ご注意: OSやアプリケーション ソフトウェア側でユーザーの操作とは無関係にIMEのon/offを切り替えたり、入力モードを切り替えたりした場合には、NISSE内部の入力モードとOS側の入力モードがずれる場合があります。そのような場合には、FN-B, FN-N (あるいは、英数, かなキー)を押して、モードを再度合わせるようにしてください。

ワイヤレスのNISSEはありますか?

エスリル ニューキーボード ストアの『購入申し込みフォーム ▶』のオプションから『Bluetooth無線技術対応』を選択してご購入ください。

購入後のご質問

Q. キーボードの右側が10キーになっていて、文字を入力できないのですが?

NISSEの左側の赤色LED(Num Lock LED)が点灯したままになっていないか確認してください。 Num Lock点灯中は、NISSEは鍵盤の右側が10キーになるようになっています。 Num Lockを解除すると、通常の文字を入力できるようになります。

詳細については、『10キー モード』を参照してください。

※ ほとんどのPCで、BIOSの設定にて起動時にNum Lockをオフにするように設定できるようになっています。合わせてご確認下さい。

Q. キーキャップの刻印と実際に入力される文字が一致しないのですが?

FN-F3 (アルファベットと記号の配列)およびFN-F4 (かな入力の配列)の設定が、お使いになられているNISSEと一致しているかどうか確認してください。

NISSEで親指シフトやTRONかな入力を利用する場合の設定の詳細については、『かな入力方式の設定』を参照してください。

※ 現在の設定は、メモ帳などのテキストエディタを開いて、FN-F1を押すと確認できます。

ご注意: @"などの記号の入力が刻印と一致しない場合は、お使いになられているOS側のキーボードの設定についてもご確認ください。日本語キーボード(JIS)と英語キーボード(米国/ANSI)の切り替えは、NISSE側ではなくOS側の設定になります。

Q. 親指の各キーはどんな風に打鍵すればよいですか?

親指の各キーを押すときに手首を回転させてしまうと、ホームポジションがずれて誤打鍵が増えてしまうことがあります。親指の各キーは、手首と他の指は動かさないようにして、親指だけを放射状に動かして打鍵してみてください。

ホームポジションから遠い位置にあるGUIキー(❖)やALTキーなどについては、親指が届きにくいようであれば無理をなさらず、手首の回転させたり、腕を動かして打鍵するようにしてください。

Q. 数字の1キーと0キーはどんな風に打鍵すればよいですか?

NISSEでは、数字の1, 2, 9, 0キーは薬指で打鍵することを想定しています。『Q. どうして変な形をしているのですか?』の図からも、標準的な日本人の手の大きさでは手首の位置を動かさずに前腕を保持したままタッチタイピングしている場合、数字の1キーと0キーにはまず小指は届かない、という背景があります。

参考: オリジナルのTRONキーボードのレイアウトも、1キーと0キーは薬指の担当になっています。

Q. ファームウェアとは何ですか?

キーボードのようなハードウェアのマイコンの中で動いているソフトウェアことを「ファームウェア」と呼んでいます。コンピューターの内部では、本体のCPUとキーボードの中のマイコンがUSB経由で通信しているような様子を想像してくださるとよいかもしれません。

Q. 新しいファームウェアにアップデートしないといけませんか?

現在お使いになられていてご不便な点などなければ、アップデートせずにそのままお使いくださってまったく問題ございません。 実際には要望されていた新機能が組み込まれたファームウェアができた場合にだけアップデートされている方が多いかと思います。

Q. 自分でファームウェアを修正したい場合は、どのようにすればよいですか?

キーボードのファームウェアのソースコードをカスタマイズしてご利用になりたい場合は、次のようにしてください。
  1. Microchip社のウェブサイトから、開発環境 MPLAB X IDEと、Cコンパイラ MPLAB XC8 Compilerをダウンロードしてインストールしてください。OSはWindows, Mac, Linuxに対応したバージョンが用意されています。現在NISSEで使用しているXC8はv1.34になります。
  2. 開発環境の準備ができたら、NISSEのファームウェアをGitHub ▶から取得して、MPLAB X IDEからプロジェクト、firmware/third_party/mla_v2013_12_20/apps/usb/device/hid_keyboard/firmware/MPLAB.Xを開くとファームウェアをビルドできるようになります。

Project Configurationの設定について: ファームウェアをビルドされる際は、下記の表を参考にお使いになられているNISSEに対応したProject Configurationを指定してください。Project Configurationは、MPLAB X IDEのRunツールバーのSet Project Configurationドロップダウンリストから選択できます。

Project Configuration 一覧
Configuration名対応するNISSE
Esrille_New_keyboardUSB版NISSE (Rev. 1〜Rev. 5)
Esrille_New_keyboard_with_MouseUSB版NISSE・アナログパッド付 (Rev. 1〜Rev. 5)
PIC18F47J53_NISSEUSB/Bluetooth兼用版NISSE (Rev. 6)
PIC18F47J53_NISSE_TSAPUSB/Bluetooth兼用版NISSE・アナログパッド付 (Rev. 6)
PIC18F47J53_NISSE_USB_ONLYNISSE デベロッパー エディション (Rev. 6)
ご要望の多い修飾キーのレイアウトについては、あらかじめ数パターン切り替えられるようになっていますので、合わせてご確認ください。

ご注意: NISSEのファームウェアを別のキーボード等のハードウェアに組み込んで販売されたい場合は、別途商業ライセンスが必要になります。詳しくはNOTICE ▶をご確認ください。