English ▶

エスリル ニューキーボード − NISSE

英語(アメリカ)のキー配列

エスリル ニューキーボード − NISSEは、英語(アメリカ)キー配列に関しては、以下の3種類のキー配列にキーボード本体側で対応しています。

QWERTY(US)配列

FN-F3の設定us
現在アメリカで主に使われている配列です。上段左端の文字の並びから『QWERTY配列』と呼ばれています。

参考: 同じQWERTY配列でもアメリカの英語キーボードは日本のJISキーボードとは記号の位置が一部違います。英語キーボードは日本国内ではあまり販売されていませんが、 記号キーを多用するプログラマーの方などには日本でも人気があります。

QWERTY(US)配列 QWERTY(US)配列

一般的な英語キーボードとNISSEの相違点について

  • [{]} キーは左側に移動しています。
  • ESC, TAB, ENTER, MENU キーは中央の領域に集めています。
  • BACKSPACE キーは親指用の領域に配置されています。
  • 修飾キーの配置は上図以外の配置にもキーボード本体の設定で変更できます: 修飾キーのレイアウト ▶

Dvorak 配列

FN-F3の設定us-d
Dvorak配列は、QWERTY配列ほどではないものの、やはりよく使われている英語の文字配列のひとつです。Dvorak配列はオリジナルのTRONキーボードのデフォルトの英語配列としても使われていました。
Dvorak 配列 Dvorak 配列

Colemak 配列

FN-F3の設定us-c
Colemak 配列は、2006年に公開された新しい英語の文字配列です。Dvorak 配列よりも QWERTY 配列からの移行がしやすく、かつ、より効率よく英文のタッチタイプができるように設計されています。
Colemak 配列 Colemak 配列
Colemak 配列は Dvorak 配列に続いて3番目にポピュラーな英語配列と言われています。